2016年12月02日

念のため入院







IMG_7046.ca15.JPG

肺を楽にするため、利尿剤を増やしました。



夜中~朝方の咳は減り

「おもらし」無く、トイレで排泄してくれましたが

日に日に、元気と食欲が無くなってしまいました。

















IMG_7020.ca15.JPG

7日間服用した利尿剤ばかりが原因ではなく

年齢的なものと少しずつ変化していたと思われる

腎臓の数値が、血液検査でけっこう高くなっているのが

わかりました。
















IMG_7021.ca15.JPG

数値の高さからすると

1週間ほど点滴入院してもおかしくないところですが

治療ばかりガンガン優先するのではなく

バルドの気持ちやストレスを考えて
















IMG_7045.ca15.JPG

週2回の点滴と週1回の鍼灸・オゾン治療で

様子を見ることにしました。

(また週2通院に戻りました(T_T)






起きている時間が少し増え

咳もそれほど気にならない程度ですが

食欲がなかなか出ない・・・




治療用のドライフード・缶詰は

見たくもない表情をするので



ヨーグルト・豆腐・茹でササミ・蒸かしジャガイモなど

だましだまし食べてもらいますが

大切な心臓病の薬を飲むのも

大変になってきました。
















IMG_7022.ca15.JPG

週末は、かかりつけ獣医さんが不在となるので

獣医さんがいらっしゃるうちに

点滴入院させてもらい

ガッチリ体調を上げてもらうことになりました。





10月末から昼夜逆転が始まり

老化がまた一歩進んだと思ってはいましたが




顔は、あどけなさを残しつつも

体の中身は、ギリギリボロボロで

緩やかに虹の橋を渡る準備を始めているのが

何となくわかります。




これから、もっともっと弱っていき

辛いこと、悲しいことを人も犬も互いに

経験していくことになるでしょう。





私たち家族は延命を求めていません。

命ある限り、出来るだけ苦しみを取ってあげられるよう

バルドがつらい時間を少しでも過ごさないよう

獣医さんに確かな状況を伝え

より良い選択をするのが役目だと思っています。


















IMG_7023.ca15.JPG

気を張っていたのか

昼、バルドを病院に預けた後

ドッと体が重たくなりました(太ったのもあり^^;




1ヵ月以上「夜勤状態」で夜中眠れなかったので

今晩は、バルドの世話や心配をすることなく

「夜中」に眠れるのが楽しみです♪




束の間のリフレッシュをして

バルドが帰ってきたら

またお世話係 頑張ります!
posted by BALD(バルド) at 17:08| BALD的こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。