2017年08月20日

写真は8/11の様子





DSC01831.so2.JPG

昨日今日と、盆踊りの賑やかな音が聞こえてきました♪

遠くからだけれど、なんか嬉しいです^^














DSC01838.so2.JPG

バルドは、1週間単位から数日単位で

スピードを増しながら、衰弱しています。

こうやって、歩いたり立ったりも

あまり出来なくなってきました。














DSC01845.so2.JPG

週2の通院もグッタリして辛そうなので

曜日など決めずに、バルドの調子を見て

週1ぐらいの間隔で点滴をしに通うカタチになりました。














DSC01851.so2.JPG

今まで言われたことはありませんでしたが

先日は獣医さんから、このような状態になった老犬は

だいたい10日ぐらいで旅立つことが多いと

教えていただきました。

もう、そういう段階ということでしょう。














DSC01856.so2.JPG

これ!という特定の病気が原因ではなく

老衰への道をゆっくり歩んでいるそうです。

いろいろ弱り、ツライ症状ばかりですが

大病で苦しむよりは

「老衰」って、とても幸せな旅立ち方です。














DSC01859.so2.JPG

今は、水分のみ摂取している状態。

舌の出血は、血管も弱くなり歯などにあたり

傷ついて出血してしまうようです。

止血剤で、今は血の量が減りました。














DSC01830.so2.JPG

ちょいとショッキングな写真かもですね^^;

現在 3.8kg。

春には6kgちょっとあったのにね。

6月から、バタバタバタっと弱るのが早かった。。。





バルド。今は生きてるだけで100点満点だよ(*^v^)v
posted by BALD(バルド) at 21:31| BALD的こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

8/2あたりの写真だよ





DSC01753.so2.JPG

口からの出血が頻繁にあります。

ハッキリとはわかりませんが

なんとなく、舌の裏側から出血してるような・・・















DSC01729.so2.JPG

口内が常に血でドロドロしているので

勝手な判断ですが、飲み薬は全てお休みしています。
















DSC01757.so2.JPG

今までのように、グリグリ拭けないので

ぬるま湯を注射器から注入して

綿棒で軽く拭き取ったり

気休めケアしか出来ません。
















DSC01724.so2.JPG

そんな中、昨晩は5日ぶりに食事をしてくれました!!

茹でた豚肉を少しだけれどね

久しぶりに、固形物を食べてくれました♪♪♪
















DSC01739.so2.JPG

呼吸が弱弱しかったり

足がいつも冷たかったり

いつどうなるか・・・と思うことが多いですが

バザルカさんのアドバイスを実行して

「ごめんね」から

「ありがとう!」「すごいね!」

を意識して伝えながら過ごしています(*´▽`*)
posted by BALD(バルド) at 21:40| BALD的こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

今とこれから・・・





DSC01823.so2.JPG

お盆DEおばんです。

うちの地域では、全く盆踊りの音が聞こえてきません。

人が少なくて、廃止になったのかな?

「♪チャンコチャンコチャンコ」が聞こえないお盆。

さみしいものです(/_;)















DSC01824.so2.JPG

バルドは口内から出血するようになりました。

ただれているのでしょう。

病院から帰ってきてからの症状で

どうすることも出来ません(今は病院もお盆休み)

寝床が血で赤く染まります。















DSC01825.so2.JPG

食欲がないうえ、口も痛いようで

また何も食べてくれなくなりました。

ポカリ水とスープは、まだ飲んでくれています。















DSC01826.so2.JPG

足の運びが悪くなってきても

夜中の徘徊は変わらず。

ふら付きが危ないので目が離されません。

朝まで1時間~30分の徘徊を5回ほど、繰り返します。















DSC01828.so2.JPG

深く寝ているとき、急に起きて大声を出し

パニックになって走り回ると前回書きました。




目覚めたとき、視界に誰かが居ないと不安な様子。

獣医さんは、バルドが何か感じ取っているのでは?

と言っていました。

体が衰弱していく不安から、感じるものがあるのかな?




なるべく、バルドが見える場所に誰かいるようにしたり

わざと足音を聞かせたり、ラジオを流したり

出来ることはしています。

それからは、このパニック見ていません。















DSC01829.so2.JPG

今回、病院で延命治療になってはいないか?と

質問してきました。

緩やかに衰えているところ、治療で体調を上げてしまい

生き地獄になっている気がしていたので・・・





病院では延命治療に反対の考えなので

バルドは緩和ケアなので心配しなくて大丈夫と言われました。




でも、もう週2回の通院は辛そうだし

薬も治療も最低限に減らしてほしいと伝えました。





今の治療を続けても、減らしても変化ないかもしれない。

通院してどこか楽になるのと

家でゆったりと過ごすことは

もしかしたら、同じぐらい緩和になるかもしれない。

治療回数を減らしていく方向でもいいかもと言ってくれました。

説明下手ですね^^;わかるべか?







お盆が終わったら、ちゃんとまた相談して

終末治療の方向性を決めていきたいと思っています。
posted by BALD(バルド) at 21:26| BALD的こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。